ジョブチェンジについて



ここではジョブチェンジについて紹介します。

ジョブの特徴について説明します。
FF1のジョブには、戦士、シーフ、モンク、赤魔術師、黒魔術師、白魔術師の
6つがあります。
この中から、4つを自由に選択します。
選択するジョブによって、ストーリー進行の難易度は大きく変わってきます。

また、ゲームの中盤にはクラスチェンジできるようになり、上位ジョブに昇格します。


<戦士→ナイト>
戦士がいないと冒険が始まらないといっても過言ではありません。
パーティの先頭に立って、皆を導き、盾にもなる存在。
剣や鎧を装備し、攻撃力と守備力が高い。
パーティに必ず1人は必要な存在です。
不在だとゲーム進行がかなり苦しくなります。
戦士を2人パーティに入れましょう。
クラスチェンジするとナイトになり、レベル3の白魔法まで
使えるようになります。

<モンク→スーパーモンク>
ゲームの序盤こそ、攻守ともに目立ちませんが、レベル10あたりから
素手の攻撃力が上がり、その実力を開花させます。
ジョブチェンジ後は、攻撃力に関してはナイト以上に成長します。
戦士を2人から1人に減らし、その代わりとしてモンクを1人入れても良いです。

<シーフ→忍者>
結論から言って、役に立ちません。
素早さが抜きん出ているのが特徴ですが、敵(ザコキャラ)との戦闘から
逃げ出すときしか活かされません。
ジョブチェンジ後は、装備も豊富になり、レベル4の黒魔法まで使えるように
なりますが、イマイチといった感じです。

<赤魔術師→赤魔道師>
必ずパーティに1人は入れておきたいジョブです。
攻撃、防御、魔法(黒・白)を兼ね備えたオールラウンドなジョブ。
序盤から活躍すること間違いなしです。

<黒魔術師→黒魔道師>
黒魔法を自由自在に使いこなします。
難点は、攻撃、防御ともにかなり低いこと。
補助魔法の「ストライ」と「ヘイスト」はボス戦でかなり役に立ちます。
また、攻撃魔法の中で最強の「フレアー」を習得します。
超攻撃型の布陣で冒険に臨むのなら、必須ジョブです。

<白魔術師→白魔道師>
白魔法を自由自在に使いこなします。
回復系、防御系の魔法で、パーティをピンチから救います。
安全に冒険を進めたいのであれば、パーティに1人入れておくと良いです。
バランス型の布陣で冒険に臨むのなら、必須ジョブです。


<前に戻る>

Copyright © 2005-2008 ベッケン温泉 All Rights Reserved.